中古でトラックを購入する時に注意すること

トラックを購入するとき新車よりも中古を選ぶ方は、価格を重視するからといえるでしょう。しかし、価格ばかりに重点を置くと思わぬ故障で却って修理代がかさむことに為ります。購入手段はさまざまで販売店や個人売買、インターネットなどがあり便利になっています。特にネットを利用した売買では、全国の情報から遠方の商品を安く購入できるので特に便利です。ただその反面、実際に商品の状態を目前で調べられないため売主の記載情報を信じるしかなく、届いてみて初めて不良箇所に気付くこともあり得ます。こうした点は多少相手方に面倒は掛けても詳細に尋ねることが大切です。何度か尋ねるうちに相手方が伝えたくない情報を引き出せる可能性があります。折角購入するのですから、安価だからと遠慮せず疑問点は契約前に明確にしておきましょう。

価格面だけを重視すると傷んだ箇所を見落とすことに

中古トラックを購入する場合、具体的にはどういった点に注意すべきでしょうか。一般的に貨物自動車は名称からも分かる通り荷物を積載するため、業務用やそれに付随する目的で使用されることが多いといえます。それだけ走行距離も長いですし、負荷も掛かっているため各部が傷んでいる可能性があります。中古の場合こうした傷んだ箇所をメンテナンスした後で販売しているのか見極める必要があります。しかし、その方法は簡単ではなく余程の目利きでない限り目視だけでは難しいでしょう。ではどうするかですが、とりあえず質問するのが単純ながら最善の方法といえます。的確に質問すれば相手方も丁寧に答えてくれるでしょう。次に極端に安価な中古車を選ばないことも重要です。メンテナンスを行っていれば、その分価格が上がるのは仕方ありません。安全に長く乗るため、多少の出費は割り切りましょう。

購入目的を明確にすれば、必要なトラックや手続きが見えてくる

貨物自動車を購入するときは、その目的を明確にしておくことです。どのような荷物を運ぶのか、一度にどれだけの量を運ぶのか、どこに運ぶのかなど予めチェックしましょう。こうした点が曖昧であれば、積載量が足らず目的地との往復を何度も強いられるなど、購入した目的を達することができません。また名義変更の手続きにも注意が必要です。前所有者が事業用に使用していたトラックである場合、これを抹消し事業用でない貨物自動車として登録し直します。購入者が事業用に使用するためには改めて連絡票などの書類を添付して運輸局に登録しなければなりません。こうした点は普通自動車を購入する場合と違います。特にネットを利用し遠方から輸送するときには、名義変更に不備がないよう注意しましょう。